CFDならM2J!!特許取得のトラリピを株価指数CFDで!


●4つの投資対象!

NYダウ証拠金取引(アメリカ)

日経225証拠金取引(日本)

DAX®証拠金取引(ドイツ)

FTSE100証拠金取引(イギリス)

◆CFDとは、Contract For Differenceの略語で「差金決済取引」や「証拠金取引」を意味します。

「株価指数CFD(株価指数証拠金取引)」は東京金融取引所に上場されており、 2010年にスタートしたばかりの比較的新しい金融商品です(愛称:くりっく株365)。

日本の日経225(日経平均株価)のほか、 米国のNYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)など海外株価指数を対象とした取引が可能です。

株価指数CFDは、市場を代表する銘柄で構成される株価指数を取引対象としているため、分散投資の効果が期待できます。

また、指数と連動した値動きを目指す運用をインデックス投資といい、長期投資に向いているとされています。

そのほか株価指数CFDは、「取引期限がない」「ほぼ24時間、祝日も取引可能」「配当相当額が受け取れる」 「レバレッジが活用できる」「海外株価指数を取引しても、為替リスクがない」など、 機動的な運用条件を備え持ち、従来の金融商品では実現できなかった投資家のニーズにお応えします。

 

マネスク特許のトラリピが特徴。 最初の設定を行いあとは運用を任せるだけ!

目先のチャート変動に流されない長期運用にフォーカスしたCFDです。

 

>>M2J株価指数CFDの口コミについて